Cyclesの金属レンダリングはとても簡単です。グロスシェーダーそのものは非常にシンプルですが、設定で画像のイメージが自由に変えられところが面白いですね。具体的には表面の粗さを数値で設定し変えるだけ。

只のボルトとナットですが、高級そうな合金で作ったイメージ 粗さを0.500にしたもの

もっと普通の金属にすると金属のテカリがはっきりしてきます。粗さを0.250

更に、市販のボルトナットつまり鋼材の雰囲気を目指すと。粗さは0.100HGsilver_bolt_Ruf0.10

使ったメッシュモデルがこれ

 

そしてノードはこのノードで荒さRoughnessの数値を変えただけです。

調子に乗って、数値を0つまり鏡面状態にすると?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA