水も氷も透明なものは全てガラスシェーダーを使います。違いの代表は虹を描く波長別の屈折率とフレネル反射率でしょう。レンダリングでは屈折率が重要になります。水の屈折率1.3330、氷の屈折率1.30とダイヤモンド等に比べ相当低くなります。

Lucy像を氷で作ったら?

氷の彫刻はとても美しい

ではもしこれをダイヤモンドの屈折率2.54でレンダリングするとこんな画像になります。ダイヤモンドの彫像なんて現実には難しいのでとても興味深い

Lucyをダイヤモンドで作ったら?

使用したモデルはこれ。フリーの彫像(Suggestive Contour Gallery の lucy_scans.tar.gz MeshLab にてメッシュ化)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA