レンダリングのだいご味は現実の世界のように光線を模写してくれるところしかし、オブジェクトのメッシュの構造で光の表現が全く変わるので実物の形を十分にシミュレートする必要があります。

実は吞み口の部分がトーラス構造の場合には美しくレンダリングできます。左からトーラス構造を少しづつ崩し平坦にできるぎりぎりを試している。

 

殆ど違いが無いように見えるが、吞み口の形状が少しづつ違う。仕様したモデルがこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA